オオスズ技研株式会社   本社・工場  電話053-428-1313 FAX053-428-1311     サイトマップ
ホーム > 溶射技術 > プラズマ溶射
プラズマ溶射
プラズマスプレープロセス

ノズル電極間で満たされた不活性ガスが通電により熱プラズマとなり、そのエネルギーで粉末をアトマイズし、皮膜を形成します。  

溶射画像2

特長
1.高融点の材料の溶射が可能
メタライジング・サーモスプレーで不可能であった高融点のタングステン・カーバイド・セラミックなどの全ての材料が溶射できる。
2.溶射皮膜は非常に緻密である
プラズマ火焔そのものが不活性であるので、アルミ・銅のような低融点金属でも純粋で酸化の少ない皮膜が得られる。
3.硬質メッキなどと同等以上のハードで緻密な皮膜が得られる
プラズマガスが発生する時そのガス体は、マッハ2~3の高速度で噴射する。従って粉末は瞬時に溶融し、音速以上の速度で母材に溶射されるので、ほとんど無気孔で緻密な硬い皮膜を形成する為に薄い緻密な皮膜が得られる。
4.母材への影響はほとんど無い
このプロセスはメタライジングと同様100℃前後の低温下で肉盛溶射が可能な為、母材への熱影響や歪みが起きない。
用途応用
耐摩耗、耐熱、断熱、耐食、絶縁、遠赤外線効果

参考例
 耐摩耗性の向上~新品から補修まで スピンドル ➤工作機械・ポンプ
➤スピンドル・シールカラー・スリーブなど
 オイルシール部・グランド部・メタル部
 
 耐摩耗性の向上 新品から補修まで
 絶縁・断熱・耐摩耗・溶着防止 高周波コイルなど ➤高周波誘導加熱・焼き入れコイル
➤溶接治工具・ピン
 
 絶縁・耐熱・耐摩耗・溶着防止
 耐摩耗性の向上 ガイドロールなど ➤光ファイバーガイドリール・各種コード
➤キャップスタンローラー・ガイドロール
 
 耐摩耗性の向上

上へ
溶射技術ページへ戻る

メール