オオスズ技研株式会社   本社・工場  電話053-428-1313 FAX053-428-1311     サイトマップ 
ホーム > 溶射技術 > サーモスプレー
自溶性合金溶射(サーモスプレー)
サーモスプレープロセス

粉末を可燃性混合ガスを熱源にして溶融アトマイズし、様々な合金類皮膜を形成します。

ゲージ画像(サーモスプレーにて溶射)
特長
1.ワイヤー化できない材料の溶射が可能
セラミック・タングステンカーバイド系サーメット等
2.自溶性合金の溶射
Cr合金・Wc+Ni-Cr合金・Ni+Co合金等

◆自溶性合金とは…またその特長
溶射された皮膜を、酸素+アセチレン(又はプロパン)火焔で皮膜を再溶融させることによりベースメタルと溶射皮膜との境界線に合金層を形成させ、溶射粒子間の気孔を無くする。

◆自溶性合金溶射の基本的原理
この自溶性合金中にはボロン・シリコンがフラックス材として添加されておりNi-Cr合金の酸化を防ぎ、またNi-Cr合金の融点を下げる働きをし、約1000℃~1100℃で溶融する。

用途応用
耐摩耗性、耐食性が同時に望まれる用途及び激しい摺動面
但し母材に選択あり

参考例
耐熱・耐摩耗・耐衝撃性の必要な部品 ゲージなど ➤ダイキャストマシーン、プランジャー
➤バルブ・バルブフェイス
➤ゲージ類

耐熱・耐摩耗・耐衝撃性の必要な部品
耐熱・耐食・耐摩耗性の必要な部品 ポンプスリーブ・ポンプシャフトなど ➤ポンプスリーブ、ポンプシャフトなど

耐熱・耐食・耐摩耗性の必要な部品
新品から補修まで
耐摩耗性の向上・線材の断線防止 キャップスタンローラーなど ➤伸線、キャップスタンローラー
➤ガイドレール、ゴデッドローラー

耐摩耗性の向上、ビルドアップ防止及び線材の断線防止

上へ
溶射技術ページへ戻る
メール