オオスズ技研株式会社   本社・工場  電話053-428-1313 FAX053-428-1311     サイトマップ  
ホーム > 溶射技術
溶射技術
溶射とは

溶射とは、燃料-酸素の燃焼、電気エネルギーなどによる熱源を用い、セラミック・超硬・金属等の溶射材料を加熱し、溶融またはそれに近い状態にした粒子を基材に吹き付けて皮膜を形成する事。表面改質法の一種である。 

溶射画像1

溶射の特徴
point1 いろいろな材質の基材に対して皮膜を形成できる。
 セラミック、金属、非鉄金属、樹脂、木、紙など
 母材に熱影響が少ない為。歪みもほとんど発生しません。
point2 溶射材料の種類が豊富である。
 製品に様々な機能を付加することが可能です。
point3 基材の寸法に制限がほとんどなく、また大型基材の限定された部分のみに対しても
 施工ができる。
point4 皮膜の形成速度がきわめて高い。
point5 多層型複合皮膜や傾斜組成皮膜を容易に形成できる。

以上の特徴から、様々な用途、様々な場所で活用されています。
特に、設備・保全関係、開発・設計、生産技術、メンテナンスなどに携わる方々にはぜひお薦めしたい技術です。

溶射の種類
 下記のボタンをクリックすると、各溶射の説明ページへ移動します。
プラズマスプレープロセス 高速フレームプロセス
メタライジング/アークスプレープロセス サーモスプレープロセス

用途から溶射を探したい方はこちらへ⇓
用途から検索

溶射材料表
 主な溶射材料を掲載しております。
 皮膜選択時の参考にどうぞ。
 材料表
上へ
メール